タマシャモ

“彩の国の地鶏”
タマシャモ

希少なブランド地鶏養鶏職人

「足立農園」

●ご注文のご案内

ご注文は1羽から承ります。肥育期間指定の鶏のご注文もお受けします。

肥育期間は150日~180日の間で指定してください。(例:180日の鶏を送ってほしい)発送便は週2回となります。

発送の場合はヤマトクール宅急便です。送料・代引き手数料はお客様のご負担でお願い致します。(代引き手数料:1万円未満300円 1万円以上400円となります)着日指定も可能です。

お値段は重さ、肥育期間などにより異なる為、ご発送する鶏ごとに変わります。

●彩の国タマシャモ

タマシャモとはシャモの地を濃く受け継ぐ埼玉の地鶏です。そのため歯ごたえが良く、味の濃い事が大きな特徴です。通常のブロイラーとは異なり、肥育日数を多く取っておりますので旨みがぐんとのってきます。(ブロイラー:通常の場合約50日、タマシャモの場合160~180日)また弊社でご紹介する「彩の国 川越足立農園」様は飼育法として平飼いをしております。タマシャモはまだ流通量が少ない希少なブランド地鶏です。その為、口にする事がなかなか出来ません。

こだわりと愛情がいっぱい足立英男

足立さんは元模型製作工(骨格模型を造ってました)という異色の経歴の持ち主、とても器用な方です。

その器用さはかいがいしく世話をする姿に反映しています。朝・昼・晩と24時間とことん面倒を見て愛情深く育成に取り組んでいます。

通常ヒナから成長になる過程で約20~30%が亡くなる中、98%の育成が成功している事からもうかがえます。でもなぜ本模型工の方が難しい養鶏をはじめたのか?と疑問がうかびます。実は足立さんのお母様は深谷市で1万羽の養鶏場を経営されていました。

幼少の頃から体で『養鶏』を会得していたのです。足立さんの奥さまのお母様の体調が気になる事から奥様の実家、川越・今福へ転移した事をきっかけに「川越足立農園」を立ち上げることとなったのです。現在、足立さん・奥様・御子息の3人で、およそ3千羽を育てております。

               

ご質問はメールにてお受けします

担当者:星野

メールアドレス:hoshino@1887.co.jp