大宮の台湾料理「台湾茶房e-one」マツザキ冷蔵庫が新しく一台増えました!

こんにちは、マツザキのホームページ、オンラインショップ担当の今野です。少しずつ暖かい日が増えていき、春の訪れを感じています。そんな中、今日のランチは大宮まで足を延ばし、行ってみたかった台湾料理屋に行ってきました。

お店の名前は「台湾茶房e-one」、マスターは薬膳アドバイザーで奥様は台湾出身という本場の味わいが楽しめるお店です。

 

台湾へは何度か旅行に行ったことがありますが、お店の外観から、そういえば台湾ってこんな雰囲気だったなぁと思いだします。

 

お店の中も素敵で、雑貨類から、可愛らしい台湾食器のミニチュアや向こうでは良く見かける王子麺まで。もちろん、台湾ビールや紹興酒なども充実しています。

  

食事は私が鶏肉飯と麺線(台湾の麺料理)のハーフセットパクチー増し!相方は魯肉飯と麺線のハーフセット煮卵増し!

鶏肉飯の一口目から、五香粉の風味が広がり、甘めのタレと鶏肉がバッチリマッチ!あぁーコレコレ!美味しいぃ!ご飯もペース良く進みます。ハーフじゃなくて普通サイズでも良かったかも……。

麺線もカツオ出汁がしっかりと聞いていて若干の辛味と酸味がアクセント程度で美味しい!これはパクチーとも良く合います。麺線は綿とスープを別々で食べるのではなく、レンゲで麺とスープを一緒に食べるのがお勧めとの事。

魯肉飯も少し頂きましたが、甘辛タレに八角の風味、豚バラ肉との相性バッチリで、いくらでも食べれそうでした。夜にビールと一緒に楽しみたい!

  

食後には烏龍茶が出てきました。茶器も可愛らしいものが飾られており、目で楽しませてくれます。ゆっくりと味わう暖かいお茶の余韻がガッツリ食べた後のお腹をホッとさせてくれます。

この日は早目に来店したので座れましたが、帰る頃にはほぼ満席に、流石人気の名店です。今度来るときは夜に予約して来ようと心に決めました。 

 

さて、そんな中、中福店では工事中です。え、何の工事かって?

この度、新しく冷蔵庫を一台導入する工事です!今まで中福店倉庫には三台の冷蔵庫があり要冷蔵品を管理していましたが、近年は要冷蔵品が増えたことによりかなりキツキツで商品を管理していました。

そのため、新しく業務用冷蔵庫を一台を導入する事により、クールで届いたお酒をよりスムーズに冷蔵管理出来る様に、そして冷蔵庫内の商品管理も行いやすく、より良い品質でお酒をお客様にお届け出来る様にと導入を決めました。

お酒をより良いコンディションで楽しんでもらえるように、マツザキも日々努力をしております。

       

さてそんな中ご紹介する春酒は“浦霞 春酣 純米吟醸生酒”!このお酒が来ると、もう春だなぁと感じます。

春酣(はるたけなわ)のネーミング通り、初々しい味わいに合致した季節感あふれる商品です。
果実の様な華やかな香りに、キレある味わい。バランスよく旨味の詰まった風味は流石の浦霞です。タケノコ、ワラビなどの山菜類、シラス、アサリ、菜の花などの春を代表する生命力あふれる食材を肴にお楽しみ下さい。
商品は酒質の劣化を防ぐため、シルバーの専用遮光袋に入れられております。

価格は720mlで2,070円となっております。

 

また3月1日よりマツザキサケフェア3のチケットも発売開始されます!お楽しみに!

 

台湾茶房 e~one

〒:330-0841

住所:埼玉県 さいたま市 大宮区東町1丁目121-2

TEL:048-871-8161

定休日:日曜日、月曜日

駐車場なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)