田舎の酒屋(中福店)発。 令和2年5月13日(水)

 

こんにちは ”y” です。

コロナ騒動が収まる気配もなく、田舎の酒屋でも、

日々 難儀しております。早い収束を願うばかり。

ただ、裏庭で生命力 豊かな新緑を眺めていると、

がんばろうという気持ちが湧いてきます。

ジンの製造を目的にした、森の中の ”武蔵野蒸留所”

(〇トリーの〇州蒸留所のパクリみたいですが ・・)では、

ちょっと寄り道して、消毒用に使えるアルコールの

製造をしています。

医療機関や福祉施設を優先に販売して

来ましたが、現在は店頭での一般販売も

しております。ご入用の方は、のぞきに

来て下さい。

さっきも書きましたが、雑木林の新緑に

元気をもらっています。皆さんも、買い物の

ついでに プラッと歩いてみて下さい。

3密の心配もなく、良い気分転換が出来ます。

( *3密:  ①蜂蜜 ②あんみつ ③壇蜜 ?)

雑木林を抜けた先、不老川の改良工事も進み、

イイ雰囲気になってきました。

将来的には、ここから船で新河岸川へ出て、

そのまま東京へ行かれるのです。ウソです。

そんな冗談事を想いつつ、明るい時間から飲む酒は上々。

キンと冷やして、冷ややっこや、油揚げを焼いたりして。

本醸造から純米、純米吟醸へと酒質を変えて来た

『真澄』の【生酒】。夏の風物とも言える銘酒は、

爽やかにしてコクがあり、私の好みの1本。

『彩來』純米吟醸は、現代風。ちょっと甘めだが、

やわらかく優しい旨みに満ちて、これも杯が進む。

 

皆さんも、気軽に遊びに来て下さい。

では。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)